住宅ローンを借りる前に相談する相手とは?

人生で一番高い買い物である住宅を買う時は、ほとんどの方が住宅ローンを組むでしょう。
それも30年や35年の長期に渡り組む方がほとんどでしょう。
色んな銀行が住宅ローンの窓口を設けていますが、実際どこで借りればいいか素人には簡単には決めかねるでしょう。
そんな時こそプロに相談しましょう。
ライフプランナーやライフアドバイザーなどという肩書が有りますが、ようはどういう風にお金を運用したり、ローンを組んだりすればいいかアドバイスをしてくれます。
プロですからお金は発生しますが、間違ったローンの組み方をする場合より、お金の面では必ず安くつきます。
それにプロですから素人以上に知識を持っている訳ですから、的確なアドバイスがもらえます。
しかしあくまでも相談ですから、提示されるであろういくつかの案の中から、家族で決める必要は有ります。
老後の生活の事も考えて、少しでも資産が老後に残るように上手く住宅ローンを組みましょう。