住宅ローンの減税?

住宅ローン減税は、住宅ローン控除ともいわれる制度で、正式には「住宅借入金等特別控除」と言う名称です。
自分が住む住宅を住宅ローンを利用して購入した際に住宅ローンの残高に応じて一定期間継続して受けられる所得税の控除措置です。
最高で500万円までの減税が認められるというので期待してしまいますが、あくまで「所得税の控除」なので納めた税金から申告した金額が戻ってくるわけではなく、「課税対象となる所得の総額から申告した金額を差し引いて計算する」ということですから、所得のランキングを下げることで納める税金を減税できるというシステムなのです。
ですから、仮に500万円の減税額になったとしても、それ以上の所得税を納付していないと500万円は貰えないということなので、くれぐれも誤解しないように!