火災保険を継続するときにはプランの見直しも重要です!

火災保険を継続する場合は、どのような手続きが必要なのでしょうか。
継続や更新の期間が来た場合、新しいタイプの保険が出ている場合もありますので、内容をもう一度見直し、今の住宅の状況(建築年数やオール電化の設備に変えていないか等)に合わせたプランに変更するようにしましょう。
少なくとも建物の時価が変わっていますので、それに合わせた保険金額に変更することが必要です。
また保険によっては、火災保険の満期日まで自動継続されている可能性もあります。

最初の契約の際に、確認しておくことが必要です。
火災保険の契約は、補償の範囲と保険金額だけに気を取られて、継続や契約期間については見落としがちです。
保険会社に問い合わせた場合も対応してもらえますが、最初にもらう書類に重要事項が記載されていますので、契約したらよく読むようにしましょう。