B型肝炎で使われる酸アナログ製剤が保険適応になったそうです

インターフェロン治療は、早い段階から肝炎治療の保険適応となっていましたが、多くの人が選択しているB型肝炎の治療方法である核酸アナログ製剤は、長きにわたって保険の適応外となっていました。
現在は、核酸アナログ製剤の使用も保険適応されていますが、長い期間の治療が必須である核酸アナログ製剤治療の保険適応を待ち望んでいた方にとっては、非常に遅い展開であったと思います。
核酸アナログ製剤の基本治療と軽微な副作用に関して、保険が利用できるようですが、重い副作用については、保険が適応されないケースもあるようです。
核酸アナログ製剤の利用や保険に関して詳しく知りたい方は、各自治体の公式ホームページ等で詳細を確認してみることをおすすめします。